>  > 自分も限界を越えれました

自分も限界を越えれました

最近では「限界突破」なんて言葉も割とよく耳にするようになりましたけど、その日はまさに限界突破ですね。自分の限界を越えられた、そんな風俗になりました。自分はそんなに体力がある方じゃないんです。だから風俗ではいつも一発程度。余程時間が長くなければ二回戦は難しいって思っていたんですけどそんなことはありませんでした。きっと、自分で勝手に限界を作っていただけだったんだなと。なぜならその日の相手のS嬢のおかげで二発どころか三発楽しむことが出来ました。そこまで出来るってだけでも自分としては感動ですよ。なぜこれまで一発しか出来ないって思いこんでいたのか。自分が思っていた限界なんて彼女が簡単に壊してくれたんですよね。あまりにも簡単で呆気ないので驚いていますけど、でも結局はそれらはすべて彼女だからこそなんだろうなって。つまりはそれだけ彼女が相当なテクニシャンだからこそなんじゃないかなって。だからこその「限界突破」ですよね。

自分のスタイルが見えてきたかも

ようやく自分の風俗を楽しむべきスタイルのようなものが見えてきたかもしれません。それまでは割とその場の雰囲気というか、自分が気が向いた時に利用していたんです。だから気が向いた時からポータルサイトを見始めるので時間のロスもあるよなと思っていたんですけど、最近は帰りの電車の中でポータルサイトを見るようになったんです。実際に風俗を利用するしないは別として、ポータルサイトをチェックするんです。そこで良い風俗店や女の子を見つけたらブックマークで確保。それを繰り返して、いざ気分が回ってきた時にはそのブックマークの中から選ぶ。こうすることで時間のロスを防げるだけではなく、それまでつまらなくてつまらなくて仕方がないと思っていた帰りの電車の時間さえ自分にとって面白いものになってきたんですよね(笑)立って痴漢冤罪に間違われないように…とか考えるよりも、つり革とスマートフォン操作の方が断然冤罪防止だし都合も良いですよ(笑)

[ 2016-12-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談